雑記帳。

人に言うほどじゃない思い付きを出来るだけ記録するトコロ。つまりぼくのリムーバブルディスクの一つ。

孤独ランチなう

japanese.engadget.com

ぼくのように30代も半ばになって住み慣れた地を離れると、中々友達と呼べる友達が出来ない。当初は孤独なんて平気と思っていたが、これが意外とボディを撃ってくる事は、実際孤独を味わった人にしかわからないと思う。

ただ、孤独な人はかなり多いようで、そんな孤独な人々をターゲットにした産業を「孤独消費」と呼ぶらしく、数年前からモリモリと盛り上がってるマーケットらしい。

ちなみに「孤独 ターゲット」でググるWANDSの「孤独へのTARGET」が引っかかってくるが、これは孤独消費では無さそう。

冒頭のオハナスは、孤独丸出し商品で、買う時点で「自分、超孤独っす」と言ってるようなものなので、通販以外で買うハードルはTENGA並に高い。しかし、ペット飼うのは正直ちょっと面倒くさい。だからといって、愛人を飼うほど経済力は無いとなると、このオハナスは最有力候補と成りうるはず。

ただ、動かないってのがねー。お話するだけ?んなもん、SIRIとするわ!となりそう。2万出してつまんなかったら、キャバクラ行けばよかった。。。と、結局キャバクラ行ってさらに2万くらい使っちゃいそう。

SIRIもたまにウィットに富んだ事言ってきたりするけど、は?って思う事もよくあるし、あんまり賢い事言い出すようになったら、それはそれでHAL9000みたいで怖い。というか、言葉の応酬だけが会話じゃない。表情、しぐさなども含めて会話。やっぱり、まだ機械じゃ孤独は埋められない。

とは言え、しょっちゅうキャバるほどお金無いし、ああいう感じが苦手な人も多い。

何か孤独者達を繋ぐ方法は無いものだろうか。

今は「ヒマはあるけど金は無い時代」らしいので、やっぱお金かからない良心的なのがいい。さらにSNSとかみたいに既に土壌がある人向けじゃなくて、一歩さえ踏み出せば誰でもOKなヤツ。

お一人様のみ入店可の立ち飲みバーとか。おっさんばっかり?

まぁ、おっさん同士でも気が合えば楽しい。

さらに、もっと広い範囲で繋ぐものは無いだろうか?

やっぱネット?ネットだと取っ掛かりが難しい。何か趣味とか無いと入り口がない。オンラインだけの繋がりだとそのうちオフラインに流れたくなるからオフ会とかあるんだろうし、ただ、素性が知れない人々の集まりに参加するのは結構勇気がいる。それが出せない人も多いはず。そこを踏み出させる方法を提示できれば、一つの解決法にはなるのかな。

 

とか考えてたら、孤独なランチタイムちょっとオーバーしている様子なのでこのへんで。