雑記帳。

人に言うほどじゃない思い付きを出来るだけ記録するトコロ。つまりぼくのリムーバブルディスクの一つ。

ファンラン=ラン×イベント

waterrun.jp

こんなイベントが上陸?するらしい。

日本でもソンクラン的なイベントはイケるのでは。
と常々考えていたので、先に形にされると悔しい。
が、楽しそうなのでぜひ参加してみたい。

ただ、まず名前がイケてないよねー。
せっかくソンクランラン入ってるんだから、
上手く使えよハゲと思ってしまう。
男には2種類の男がいて、攻める男と攻めない男がいるが、
こいつは間違いなくハゲのほう。
それかなんか著作権的な何かがあるのかな?

この「ラン+お楽しみ」の「ファンラン」は去年くらいからブームになっていて、
大体5kmくらいのコースに何かお楽しみが待ってる中を走るイベント。

5kmというと、普段から走ってる人にとってはハナクソだと思うけど、
「ラン」がただ遊んでるだけじゃないという免罪符になっているのか、
5kmという距離のイージーそうなイメージとフェス色の融合がウケるのか。
たかが5kmのラン+変な色の粉かけてくれるのに5000円くらいポンと払うらしい。colormerad.info

あとは、これとかelectricruninfo.jp
さらに、これとかwww.sportsone.jp

もう、これはフェスって言っちゃえば?って思うのはおじさんだから?
っつーか、ファンランもフェスなのか。

しかも、ランてことはシラフなのかな?
シラフで泡まみれとか、楽しいの?
こういうのってベロベロ一歩手前がゾーンじゃないの?

という訳で、冒頭の水かけ祭りにもなぜランが必要なのかがよくわからない。
昭和記念公園の広場とかでチームに別れてやったほうが絶対楽しいと思う。
多少サバゲーの要素を入れたり、運動会っぽくしてしまっても良いかも知れない。
そして最後は騎馬戦で〆るのが、昭和のテレビっぽくて良いと思う。
お色気ポロリ用員も数名仕込んどくとなお良い。

とりあえずサイト見る限りどれも同じカラーのイベントなので、
今回のウォーターランもそれなりに成功するでしょう。

ただどれもわっかりやすいEDMな感じなのがなー。
もう一歩踏み込んでほしいと思うのでした。